はちま起稿 騒動 まとめ

はちま起稿が起こした騒動のまとめです。かつては、ネット上で、印象操作を行い、多額の報酬を受け取っていたはちま起稿。その過去の騒動をまとめました。

さらに、2016年12月28日に、DMMによるはちま起稿の買収の事実が明るみに出ています!その詳細もまとめました!

はちま起稿をDMMが買収!

2016年12月28日、ステマ騒動により世間の印象が最悪なはちま起稿をDMMが買収していたという事実が発覚しています。

DMMと言えば、ゲーム事業も展開しています。はちま起稿の買収で、DMMもステマ?なんて感じで、印象が悪いですね・・・。

この件に関しては、まだ、はちま起稿の運営会社だったKNDとDMM側からのコメントは出ていません。

はちま起稿ステマ騒動

はちま起稿といえば、2012年に起こしたステルス・マーケティング騒動があまりにゆうめいですよね。

簡単に言うと、任天堂やマイクロソフトのゲーム製品については批判し、ソニー製品についてはポジティブな意見を発信するという事をしていました。しかも、任天堂製品に関しては、殆どデマというレベルの、悪質なこき下ろしをしていたというから大問題になりました。

この当時はちま起稿を運営していた会社のKNDが、結果的に悪質なステルスマーケティングを行う会社として白日の下にさらされたのです。

はちま起稿の現在の運営態勢

2012年のステマ騒動以降、メインとなる人物の清水鉄平さんは、引退宣言を出しています。

一般企業の印象を恣意的に操作する。これだけの悪事をはたらいていたのですから、引退も妥当ですよね。

2chの書き込みをコピペする運営スタイルだったはちま起稿は、現在は運営者のコメント付きのニュースサイトという形態を取っています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コブチャンコム
シェアする
ネットニュース速報