スマホ育児に警鐘!高い依存性と視力の低下を懸念!

スマホを使った育児のスタイル「スマホ育児」に、教育関係者が警鐘(けいしょう)を鳴らしています。

スマホに多く触れながら育った子供はどうなっていくのでしょうか?医師や、教育関係者の意見をまとめてみました。

スマホ育児とは?

スマホ育児とは、スマートフォンを使った育児方法です。特に、スマホで幼児向け番組を見せたり、知育アプリをやらせて育児することを指します。

実際に子供がいる親の意見では「スマホに夢中になっている間は、こっちも家事に集中できる。無いと思うと辛い」という意見も上がっています。

確かに、四六時中子供を見ているわけにはいかないですからね・・・。スマホを使った育児によって、親のストレスも軽減されているのではないでしょうかね?

スマホ育児に警鐘!

スマホ育児について、教育関係者は「子供の視力低下の恐れ、そしてスマホへの依存の可能性」を指摘しています。

実際に子供に積極的にスマホを使わせている家庭では、子供からスマホを取り上げると異常に怒るという声もあります。やはり、ある程度の依存性はありますね。というか、我々大人もそうですよね。「近くにスマホが無いと落ち着かない」という気持ちは誰にでもあるものでしょう。

実際にスマホを取り上げられて怒る子供の様子。
↓↓↓

デジタルネイティブ世代への危惧

スマホ知育アプリの実例

現在のスマホを利用した知育アプリには、このようなものがあります。

子供の感受性に働きかけるような内容のゲームですね。前段で、スマホを長時間見ることでの視力の低下という話もしました。しかし、時間を正しく守れば、こういう知育アプリは非常に役立つツールとなるのではないでしょうか?

スマホトラブルから子供を守る

スマホに関連するトラブルから子供を守る方法を紹介している動画もありました。

現代では、子供はデジタルな犯罪にもさらされています。親世代には、さらにワンランク上のデジタル感覚が必要になってきています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コブチャンコム
シェアする
ネットニュース速報