toto big 当たらない理由が判明!やはり操作されていた!?





toto BIGがネット上で話題です。なんでも5口分の投票結果が全て同じくなってしまったという珍事が発生したということです。

toto BIGはコンピューターが出したランダムな数字で賭けていくという方式で、完全に運頼み!だと思っていたのが、違ったようです。どうやらコンピューターのプログラム側に欠陥がありそうです。

toto BIGで起きた事件

toto BIGでは、同じ内容の投票券が5口分も発券されていたということです。

お客様が第909回BIGを複数回購入した際に、5口分の投票内容が一致していた券面があった。』という事例が掲載されておりました。
この事象につきまして、日本スポーツ振興センター及び『楽天totoサイト』を運営している楽天株式会社において事実確認を行ったところ、実際に販売されていたことを確認いたしました。

また、コンピューターが投票内容(「1」「2」「0」)を発番する際の仕組みにおいて、重複した投票内容の出現はあり得るものであり、この事象につきましても、システムの不具合や不正な操作等によるものではないことを確認いたしました(発番の仕組みの詳細につきましては、セキュリティ上の観点から公表しておりません)。

完全ランダムな数字を買っていたと思っていたのに・・・。

toto BIGのシステム

toto BIGのシステムについて説明している動画がありました。





コンピューターがはじき出した完全ランダムな予想で賭けをするという仕組みです。

サッカーの勝敗って、そもそもが当てるのが難しいです。その予想をコンピューターの完全ランダムに任せるという仕組みです。それゆえに当たりがでずに、キャリーオーバーが発生しやすいです。時には6億円なんていうものすごい数字になりますよね。

toto BIGの珍事に対するネットの反応





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする