籠池泰典はウソをついた?証拠が無い発言の連続!


3月23日、ついに証人喚問により、国会で質疑応答に応じた籠池泰典氏。
安倍首相の夫人「昭恵夫人」との繋がりと、阿部首相名義の100万円の寄付を事実であると発言し、物議をかもしました。

しかし、籠池氏の発言には、何一つ物的な証拠が無く「ウソなのでは?」という懐疑的な見方もあります。

与党はウソを主張


「あなた、偽証に問われますよ!!」

国会での証人喚問で、籠池泰典氏が根拠のない話を始めると、与党側からは、このような発言が飛び出しました。

「偽証である!」

そうなんですよね。物的証拠が無いんですよ。

100万円寄付したとしても、その当時のやりとりの文書やメールなんかがあればいい証拠になるのですが・・・。
一方的に籠池氏が「100万円寄付を受けた!」と声を荒げても、事態は解決しないんですよ。

籠池泰典の過去のウソ

籠池泰典氏は、過去にも「森友学園に陛下が来た!」とウソをついています。

「森友学園のホームページに『陛下がお見えになった』と書いてあるが、そういう事実はないでしょう!?」

「皇室の方がお見えになったことはない」

さらっとこの会話が流れていますが、ウソをついたのは間違いないですね。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コブチャンコム
シェアする
ネットニュース速報