杉山治夫の現在!消費者金融(サラ金)社長時代と子供や妻の情報

ニュース

バブル期に日本を騒がせたサラ金の杉山治夫。

悪質な取り立てと、「世の中カネだ!」という名言で、一気にお茶の間の人気?者になっていました。

  • その杉山治夫はすでに亡くなっている
  • 妻と子供が結構いるらしい

という情報があります。これらをリサーチしました。

杉山治夫の現在

杉山治夫は、獄中でガンのため亡くなっているということです。2014年3月発売の実話ナックルズでは、獄中死と語られています。

2002年に偽造借用書を作ったために逮捕されています。

偽造借用書……貸してもいないお金をさも貸し付けたかのように書類を作って騙した。もちろん犯罪です。

杉山治夫は東京地裁により懲役7年6ヶ月を言い渡されています。当時64歳でしたから、そこから「7年6ヶ月は牢屋に入っていなさいよ!」ということですね。

普通に刑期を満了すれば71歳まで牢屋です。

ただし、その途中でガンで亡くなっています。あまり長生きはしなかったんですね。

杉山治夫の生い立ち

杉山治夫の生い立ちは壮絶です。

  • 幼少期は目の見えない母親と二人で極貧生活
  • 父親は借金をしまくり、愛人とともに消える
  • 中学を2年で中退後は自分でビジネスを開始
  • 数度の倒産を経て暴力団と繋がり、違法で暴力的なヤミ金業者

著書には「実録 裏金融界の黒い罠―借金返せにゃ腎臓を売れ」なんていう過激なタイトルの本もあり、まさにカネの亡者ぶりを発揮していました。

この世で命よりも重いものはカネ!そんな生き様ですね。

ただ、このカネに困りまくっていた生い立ちを見ると、そんな人間になってしまうのも致し方ないのか?と思ってしまいます。

カネを得ることが全ての幸せと強く信じていれば、その過程はどうだったいいわけですよね。

宗教的に神様を信じるのと同じレベルでカネを信じていたと思います。

そういうメンタリティの人間はものすごい強いパワーで動きますから、癖も強くなりますよ。

杉山治夫の消費者金融(サラ金)社長時代

とにかくカネをバラ撒くというパフォーマンスが有名です。

ワイドショーに出てきては、リポーターのミッキー安川と激しいバトルを繰り広げていました。

「カネが欲しいんだろ!」

と言って札束を投げつけた姿は当時のお茶の間を大いに賑わせたものです。

ただ、その裏では激しい取り立てを行ったり、借用書の偽造を行ったりと、法律を犯しまくっていました。

テレビドラマなどで見るカネに汚い人間の悪徳な姿というのは、この杉山治夫がモデルになっているのでは?というぐらいには大きな存在感はありましたけども。

 

杉山治夫の妻と子供

杉山治夫には愛人や子供がたくさんいるという話があります。

このへんはネットの噂話程度なんですが、十分に考えられます。

獄中で亡くなった際には、その死亡は大きく報道されませんでした。

というのも、愛人や子供が多かったので遺産相続の問題が発生するからですね。

こういう事情を考えると、誰が本当に籍を入れた女性なのか誰も分かっていなかったんでしょうね。

コメント