アバクロの衰退は差別主義の影響?


アバクロの衰退に歯止めがかかりません。差別主義とも言われるマーケティング手法で、多くの顧客を虜にしてきましたが、その金メッキが剥がれてきました。


アバクロの衰退と差別主義

アバクロンビー&フィッチ(A&F)はかつてはアメリカで最も人気のブランドでした。

「魅力的な」白人のためのブランドとして、1990年代後半には、軽快でカジュアルな当時の米国のファッションを特徴付ける存在となりました。

差別的なブランドイメージ

「差別と考えられる点が数多く見受けられる」

連邦最高裁判所がアバクロのブランドイメージを受けて、差別的であるという見解を示したこともありました。


アバクロの日本での評判

社長がアジア人差別で有名になったからなw
アジア人には来て欲しくないから 日本進出もかなり渋ってたし。
進出しても銀座と福岡だけw
やる気なしw

あとはビクトリアズシークレットの女性下着もアジア人相手にしてないでしょw

昔、ラスベガスのショップで5点ほど買い物して、会計済まして袋持ったらなんか軽い。
中身確かめたら三点しか入ってなくて、
店に戻り身振り手振りで訴えたら、ほらよ、みたいに二点投げてよこした。白人のクソ女。
そりゃ売れなくなるわ。何様だよって感じ。

アバクロ 身売り検討 どうなる

「アバクロ」の略称で知られる米カジュアル衣料品大手アバクロンビー&フィッチが、身売りを検討していることが明らかになった。ロイター通信など複数の欧米メディアが10日、関係者の話として報じた。昨年までの4年間で売り上げが3割近く減るなどの業績不振により、株価が低迷していた。

複数の関係先と、我が社をめぐる取引について予備的な協議を始めた」



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コブチャンコム
シェアする
ネットニュース速報

コメント