仮装大賞2018 メッセージ性を要求する審査員へのバッシング





仮装大賞でメッセージ性が重要視されています。

え?違和感ですね~。

言うほどメッセージ性とか大事じゃないと思いますけどもね~

審査が急に厳しくなって、視聴者の反応も悪いですよ~!

仮装大賞 メッセージ性へのネットの反応

うん。頭空っぽにして見る番組のような気がしますけどもね。

審査厳しすぎて、ちょっといや~な空気になってますよ。





審査は厳しくてもいいよ!派

お祭りなんだから、審査甘くして盛り上げよう!というのではなく、あくまでも作品の芸術性を要求する意見ですね~!

こうなると、仮装大賞に出場した!というだけで、一つのステータスですね。

仮装大賞2018、史上初の“0”点!

同番組では20点を満点としており、どんなに低 くても通常は2~3点取れますが、2月3日の放送 では、史上初の”0点”が出てしまいます。萩本は 驚きながらも「どういうわけだか、嫌な気分が しなかったね」と清々しい結果だったとコメントしています。

香取も「客席も『0点』っていう感じ」と、会場の雰囲気を語っています。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする