その原因、Xにあり!尿もれ対策 12月9日





%e3%81%9d%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%80%81%ef%bd%98%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8a%e3%80%80%e5%b0%bf%e3%82%82%e3%82%8c

12月9日の「その原因、Xにあり」では、尿もれについて特集しています。人に言えない悩みということで、尿もれがありますが、なんとか治したいですよね。

尿もれ原因

尿もれの原因に多いのが、骨盤を支える筋肉や、お尻の肛門を締める筋肉の力が弱くなっていることがあります。こういうのを腹圧性尿失禁といいます。

特に日本人にはO脚の人が多く、そのO脚の影響で、尿道をサポートしている骨盤の筋肉(骨盤底筋)に負荷がかかり、尿もれにつながっています。また、運動不足や、出産なども、原因になっています。

骨盤底筋に関する解説動画

12月9日の「その原因、Xにあり」では、尿もれを特集しています。番組ないでは、扁平足(へんぺいそく)が尿もれの原因となるということを紹介しています。さらには、その扁平足の改善方法も解説されています!

扁平足を治して、尿もれを改善!

扁平足を治すことで、尿もれを改善する事ができます。





扁平足を治すには、四つ折りにしたティッシュを土踏まずに貼り付けるのが効果的です。これにより、足裏のアーチを形成するのに役立ちます。実際に番組内では、扁平足だった人の足が、改善されています。

%e6%89%81%e5%b9%b3%e8%b6%b3%e6%94%b9%e5%96%84

扁平足を改善すると、骨盤底筋を鍛えることにつながります。骨盤底筋は尿道を支える筋肉です。ここが強くないと尿もれを起こしてしまいます。

尿もれ対策

尿もれの対策として、骨盤底筋を鍛える体操があります。

骨盤底筋は20代から衰え始めると言われています。しっかりトレーニングして、引き締めておきたいですね!しかも、骨盤底筋を鍛えると、姿勢が良くなり、下腹のポッコリ感も解消できるという効果もあります!

尿もれを治すついでに、スタイルも良くしてしまいましょう!





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする