アストーリの急死の原因

ニュース
この記事は約1分で読めます。

3月4日、サッカーイタリア代表でセリエA所属のダヴィデ・アストーリ選手(31)が、遠征先のホテルで就寝中になくなりました。

お子さんも先日生まれたばかりだったのですが・・・。

かなり衝撃的なニュースです。

心臓発作による急死ということですが、31歳の若さで、就寝中に起こす心臓発作と、サッカーとの関連性についてまとめました。

アストーリのプロフィール

アストーリは、1987年1月7日生まれ。

188センチ、DF。

U-18やU-21イタリア代表の経歴もあり、A代表には14試合出場しています。

所属先のフィオレンティーナではキャプテンを務めるDFで、188センチの長身が武器です。

アストーリはナゼ心臓発作を起こしたのか

実は就寝中の心臓発作で亡くなったサッカー選手はアストーリ以外にもいます。

エスパニョールに所属していたダニ・ハルケ選手(26)も就寝中の心臓発作で亡くなっています。

不整脈持ちだったり、水分不足だったりと、様々な因子があります。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。