【低気圧の頭痛の治し方】ツボとマッサージ【すぐにできる!】

ニュース
この記事は約2分で読めます。

低気圧による頭痛。

  1. 手首のツボ『内関(ないかん)』の刺激
  2. 耳の周りのマッサージ

この2つの対処法がすぐにできる対処法です。

手首の『内関(ないかん)』というツボが効果的なので、試しに押してみたんですけども、結構リラックスできましたね。

手首のツボ『内関(ないかん)』の刺激方法

この内関を上手くツボ刺激できるように、説明してくれている動画もあります。

内関(ないかん)

吐き気、頭痛に効く。悪阻(つわり)にも効果があるということですね。

ちなみに・・・。自分の手でツボを刺激してもいいのですが、バンドタイプのツボ刺激グッズがすでに販売されていますね。

 

常に『内関』を刺激!天気痛ブレス!

内関を常に刺激してくれるブレスレット、見つけました。

これですね!

[amazonjs asin=”B075FW1JV4″ locale=”JP” title=”天気痛ブレス”]

場所を選ばずにずっと付けてられるというのは使い勝手が良いですね。

耳の周りのマッサージでリンパを流す

耳の周りをマッサージして、リンパ液の流れを穏やかにする方法です。

YouTube

気圧の変化で内耳が膨らんで、リンパ液が揺れます。

この揺れにより、体が

「乗り物酔いだ!」

と勘違いし、頭痛やめまいを引き起こします。

 

このリンパ液の揺れを穏やかにしてくれるのが、このマッサージなのですね。

 

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。