香川のスポンサー力!?ハリル解任の裏側

この記事の内容

  • 西野朗氏に香川が直接不満を言った
  • 香川の意見が通る理由
  • ハリルホジッチのスキャンダルとは?

ハリルを追い込む“スポンサー”パワー!

アディダスは日本サッカー協会に8年で250億円という莫大なスポンサー契約料を支払っています。

それゆえに、日本サッカー協会はスポンサーであるアディダスには頭があがりません。

今回のハリルホジッチ氏の解任は、このアディダスのスポンサー絡みの動きがありました。

2017年11月。西野朗氏と接触した香川真司

ブラジル、ベルギーとの欧州遠征を2連敗で終えた日本代表の、浦和勢5人を除く国内組8人が16日早朝、ベルギーから羽田空港に帰国した。同便で到着した日本協会の西野朗技術委員長(62)は、今遠征でメンバー外だったものの、現地で2試合をスタンド観戦したMF香川真司(28)=ドルトムント=から、“直談判”があったことを明かした。

西野技術委員長が「(ベルギー戦の)ハーフタイムに少し話した」と、香川と接触があったことを明らかにした。

内容の詳細は明かさなかったが、「本人に代表に対する強い気持ちがあるということ。ファミリーではないけど、みんなとまだまだ頑張っていきたいという気持ち」と語った。

香川は負傷時や国内組のみ招集の試合を除くと、2010年6月の南アW杯以来の招集外だった。選外決定後は、「理由は分からないし、逆にぜひ(監督に)聞いてみたい」と話していた。

via:香川が西野技術委員長に“直談判” ベルギー戦ハーフタイムに話し合う : スポーツ報知

1選手が日本サッカー協会の中枢に直接口をきけるというのは、すごい権力に感じます。

アディダス契約選手で日本代表10番の意見は絶対?

「同社は日本サッカー協会の公式スポンサーで、2023年までの8年契約で250億円もの大金を払っている。それだけに、代表のエース番号とも呼ばれる10番は、同社と個人契約している選手がつけることが不文律。    それを名波浩、中村俊輔に続き、香川が受け継いだ。過去、新ユニホームを発表するときは、彼らが広報役を務めた。    ところが香川が外れたことで、今回の強化試合の10番は乾貴士。しかし乾の個人契約はアシックスのため、アディダスはメンツを潰された格好になった」(協会関係者)
via:香川真司「戦力外」に250億円払ったアディダス怒る | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

このあたりの暗黙の了解的なのは、ネットでも周知の事実。

ハリルホジッチ氏は、トルシエ氏以来の日本サッカー協会に反旗を翻した監督だったわけです。

ハリルホジッチのスキャンダルとは?

実はハリルホジッチ氏自信にも、ちょっと後ろめたい部分がありました。

国内組の海外移籍斡旋で、海外クラブから金銭を得るというサイドビジネスを行っていたというのです。

電撃!ハリルホジッチ監督解任の理由はスキャンダル!?
ざっくり言うと ハリルホジッチ解任会見の動画! 後任は西野朗氏と明言 カネ目当ての選手選考。ハリルホジッチのスキャンダル?日本代表監督ハリルホジッチ氏が解任。後任候補と、ハリルホジッチのスキャンダルについて



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
日本代表
シェアする
ネットニュース速報

コメント