大東大の新井康平が転倒!怪我の状態は?【動画・画像】

2019駅伝

2019年箱根駅伝では、1区でいきなりのアクシデントが発生しています。

大東大の新井康平選手(4年)がスタート直後に転倒しています。

復帰まで半年

第95回箱根駅伝往路(2日)1区(21・3キロ)の200メートル手前で左足首をひねって転倒しながら、その21キロ以上を走り続けた大東大の新井康平(4年)について、奈良修監督(47)は4日、競技復帰まで約半年かかる見込みを明かした。新井は今春の卒業後、実業団のサンベルクスで競技を続ける。「進路先のチームと相談しながらじっくりと治していくしかありません。半年ほどかかると思います」と奈良監督は説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00000167-sph-spo

転倒の原因

捻挫か?

すでに足を引きずる形になりました。

それでもなんとか1区を完走。
トップから8分40秒差で2区の選手につないでいます。

苦悶の表情と嗚咽からは、状態の悪さをものがたります。

新井康平のツイッター

新井康平選手の公式ツイッターはこちら。→https://twitter.com/0827fantasist

すでに応援メッセージや怪我の状態を気遣うリプライがついています。

新井康平プロフィール

生年月日:1996年8月30日
身長・体重:172センチ、52キロ
出身地:埼玉・上尾市
出身高:浦和実
過去の箱根駅伝成績:16年1区19位
抱負:頑張る
1万メートル自己ベスト記録:28分50秒10



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
2019駅伝
シェアする
駅伝ラボ

コメント